ロック・バンド 曲紹介 音楽

[THE ORAL CIGARETTES]何を伝えたいのか。歌詞にも注目してほしいオススメ楽曲。

投稿日:

 

 

 

はいはい。トットレスです。

前回は少し違った視点から記事を取り上げました。

私が個人的に影響を受けたアーティストを簡単に紹介いたしました。
みなさんはどうでしたか?同じアーティストに影響を受けていたとしても、どの部分に影響を受けたのかはそれぞれでしょうし、理由も違うかと思います。
幼少期によく聞いていたり、部活での応援歌でそのアーティストの他の楽曲も聴くようになったりとすべて影響を与えられていると言えるのではないでしょうか。

 

人生で外せないピースの1つである音楽…自分に影響を与えたアーティストいますか?

        ここで少しいつもとは異なる内容の記事を投稿していこうかと思います ...

続きを見る

 

そして2回目の取り上げです。

THE ORAL CIGARETTES

昨今はこれまでに増してフェスに引っ張りだこな彼ら。
そんな彼らの音楽はたくさんの人を魅了してきた。
人の闇を包み隠さず音楽で表現してきた彼らだが、本当にそうなのだろうか?まだまだ知らないという方もいるだろう。

あー、映画「亜人」の主題歌歌っていたバンドか...。アニメ「ノラガミ」のOP歌っていたバンドか!

それくらいの人もいるでしょう。

だったらやろうと思い、個人的におすすめしたい楽曲を紹介していこうかと思います!

 

 

 

My Best

狂乱 Hey Kids!!

これはアーティストを記事で取り上げたときに紹介した楽曲ですが、またここで登場!
代表曲と言ってもいいでしょう。
イントロのギターからボーカルの山中拓也「Tonight We honor the hero!!」と歌うまでの何かがこれから始まる感じ。
その後は疾走感のあるギター音が印象的。サビも楽曲タイトルにもあるように狂ったように身体が踊りだしてしまいそうです。
非常にアップテンポに曲は進んで行き、時折テンポが落ちたりと聴いているだけでも頭でリズムを刻みたくなると思います。
日本語で訴えかけてくるとこ、英語で1フレーズ伝えてくるとこなど作詞・作曲をしている山中拓也の意図を深く考察するのもおもしろいかもしれません。
ライブでは必ずやると言っていいかもです!

 

BLACK MEMORY

とにかく、かっこいい。何よりこの楽曲でオーラルは勝負を仕掛けてきたかなと当時の私は感じておりました。
またイントロです。先ほどの「狂乱 Hey Kids!!」とはまた違いかなり攻めている。
何かすごい楽曲が始まる感じは変わりませんが、ドラムのフロアタム、バズドラ、スネア音。今回はドラムが印象的
そして、「Get it up...」を連呼しているのはかっこよさもありますが、異様な光景とも捉えることができませんか?
歌詞とリンクして、これからの音楽シーンにオーラルが衝撃を起こしてやるよと言わんばかりの連呼。
私にはそうとしか思えませんでした。

もちろん、映画「亜人」の主題歌に起用された事実もありますが、恐れる必要なんてない、邪魔はしないでくれ。
と彼らの秘めたる熱い思いがこの楽曲に注ぎ込まれた結果、この楽曲が誕生し、映画ともリンクしたのではないでしょうか。

少しこちらの楽曲に関わったのですが、このMVを見ていてそう思わずにはいられませんでした...。

 

Rel

初めて自分以外の誰かのために曲を書けた気がした山中拓也自身が「Rel project」というものの特設サイトで綴っておりました。
本当にすてきな楽曲です。包み隠さず正面から様々な苦難に陥っている人たちと向き合う姿勢。
そんな人たちの心の奥底にまで届く音楽を提供できている彼らは、このプロジェクトを行った意義が少なからずあるのではないでしょうか。
公にチャリティーソングではないと語っていました。現地の生の声を聞いて衝動が起こり歌えた楽曲なんだと。
同情ではなく先の未来を思い描いてほしい思いでみなさんのもとに発信された楽曲。
山中拓也という1人の男の中に芽生えた感情と真剣に向き合ってみてください。

 

 

カンタンナコト

私がオーラルの中で現在一番好きな楽曲と言ってもいいです。
人間の闇を包み隠さず山中拓也さんがこの楽曲を通して、聴いている本人に自ら語りかけてくるようなそんな錯覚さえも感じてしまいます。

MVの内容もかなり好きです。PCなどは電源ボタンを押してしまえば簡単にシャットダウンできますが、人間は簡単に人生を終わらせることができるでしょうか
たしかに、自らで人生の終わりを選ぶという選択肢が浮かぶでしょう。
しかし、辛く、苦しくても、ちょっとだけ幸せだと思えることがあれば必死に生きてください。
それぞれ事情がありながらも、同じ地球に存在している。
何もできない、何もする覚悟もないのにカンタンナコトは人に言わない方がいいかもしれません。

自分自身の在り方を再確認できた1曲になりました。

 

 

PAYCHOPATH

またまたかなりメッセージ性の高い楽曲になっているかと思います。
サイコパス。みんなとは違う異端児に向けて軽蔑的な表現で用いられることもあるでしょう。

人間は自分とは違うもの、協調性の無いものにかなり敏感な生き物だと個人的に感じています。
そんな人間と自分を区別するかのようにサイコパスという言葉を簡単に言えるのでしょう。
サイコパスと言っていても自分と違う魅力に感じてきて羨ましくなる時も。
人間の光と闇をMVでも山中拓也は衣装の色違いでも表現しているようにも思えました。

 

 

エイミー

当時、初のラブソングとして発売された2nd Single。
歌詞は切ないのもありますが、MVもサウンドも爽やかですし、ここに加わる山中拓也の歌声でこの楽曲は完成されています。
実は山中拓也さん自身が15歳から付き合い始めた彼女と長い間付き添ったが、のちに離れてしまった感情を歌詞にしています
泣いても泣いても、涙が止まらないほどの悲しみと語っています。
たしかに、この楽曲を聞くと大切だったはずの人、今大切だと思っている人が自然と頭に出てくるかもしれません。
こんな1人を思って歌詞を書いて楽曲にできるなんて素敵です。

 

 

容姿端麗な嘘

まずこちらのMV。かなり衝撃的な終わり方をします。山中拓也が作詞した内容を監督が精巧に再現しております。ラスサビ前の歌詞はかなり自分自身かなり山中拓也に考えさせられました。容姿端麗な嘘で塗り固められた世界で今を生きていたって、本質は何なのか分からないでしょう。何たって自分も偽れる世の中なんですからね。詐欺師、化粧、SNSなどすべて自分を偽れますし、偽りの方法でもあるでしょう。自分の本質も見失って嘘で塗り固めていく。人はいつの時代もそうなのかなと思えた楽曲でもあります。

 

 

トナリアウ

もう何曲もここまで書いてきましたが、山中拓也の歌詞を解釈するのに疲れてきました。笑 ←もちろん良き意味で。
難しすぎます。隣に居る存在、隣に居る大切な人、「恋人」を楽曲にしているのに。
なぜこんなにも深い意味のある楽曲をこの世に提供できるのでしょうか。MVがさらに難しくしています。
トナリアウ人の存在は当たり前ではないということを改めて理解し、いつか散る生命だということ。
再確認でき、最期を受け入れるのはそんなに簡単なものではないですが。
その悲しみと向き合ったときに未来の幸せにたどり着くのではないかと思えた楽曲であります。
かなりいろんな感じ方ができる楽曲で本当にすばらしいです。

 

5150

本当にこの楽曲のタイトル通りMVではかなり狂っていてクレイジーな演技をしておりますね。もともと、5150はアメリカ合衆国の警察の無線暗号で危険人物、クレイジーな奴など意味し、51+50=101で100をMAXと考えて限界を超えているという意味だそうです。そんな奴らに当てはまるくらいのMVです。

楽曲自体はどんなに先が長い道のりだろうと諦めない、誰にもこの俺は止められない、全員1人残らず連れていくというような力強くもクールな楽曲に仕上がっているのではないでしょうか。山中拓也が「来いよ」と後ろを振り返りながら言ってきている情景が勝手に思い浮かびました。笑

 

 

 

 

まとめ

引用:https://www.pinterest.jp

 

はい。ここまで9曲くらいですかね、さらっと私個人のコメントを付け加えて書いてきましたが、本当に改めてこのバンドに出会えて良かったなと思えます。

今や数々のイベントにも引っ張りだこでなのは事実ですし、アリーナツアーも始まります。年々大きくなっていくこのバンドからは目を離してはいけません。

気づいたらとんでもない場所にいるでしょう。そんな可能性も秘めているバンドだと思っているからです。私たちが想像している何十倍、何百倍のエンターテイメントをお届けしてくれるでしょう。もとろん楽曲も含めてです。

今後も彼らの活躍には注目していきましょう!

 

キャッチ引用:https://www.pinterest.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ロック・バンド, 曲紹介, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Artinize , 2019 AllRights Reserved.