J-POP アニソン その他 曲紹介 音楽

[LiSA]大人気アニメSAOとの最強タッグ再び…歴代主題歌特集!

更新日:

どもどもオレックスですよ

さて今回は、この秋から放送されています。大人気シリーズ「ソードアート・オンライン」の最大の物語「アリシゼーション編」の主題歌
「ADAMAS](アダマス)」。10月6日から千葉文化会館にて行われたワンマンライブを皮切りに全国12か所13公演の過去最大規模の3万人を動員する
全国ホールツアー「LiVE is Smile Always~ASiA TOUR 2018~[core]」を開催
12月12日に「赤い罠(who loves it?)/ADAMAS」のリリースに先駆けADAMASの先行フル配信が10月8日よりスタートしています。
配信されるや否や各サイトで軒並み1位を獲得し、自身過去最高の22冠という快挙を達成しています。
LiSAとSAOの主題歌としてタッグを組むのはこれで5曲目です。今回はいままで主題歌として起用された4曲を作品のストーリーなど
にどのように寄り添っているかに注目してご紹介していきます。

※この先ネタバレが含まれているので注意してください。

SAO(ソードアート・オンライン)とは?

原作者川原礫(かわはられき)により執筆されている。2018年8月時点で世界累計発行部数2200万部を突破している大人気小説である。
始まりは10000万人のユーザーをゲーム内「浮遊城アインクラッド」に閉じ込め、脱出する条件は100層からなるステージをクリアのみという過酷なデスゲーム
に挑む事になるところから始まる。主人公であるキリトこと桐ケ谷和人(きりがやかずと)このゲームのベータテストつまり体験版をプレイした1000人のプレイヤーで
他のプレイヤーとのいざこざを避けるため孤独にゲームクリアを目指していた。そこで数多くの出会いや、大切なものの死、目をそむけたくなる過去さまざまなものを背負い、ゲームクリアを成し遂げ現実世界へ生還し、ゲーム内で親交を深めた仲間と様々な苦難に立ち向かっていく物語です。
原作小説は20巻まで発売しておりテレビアニメででは章ごとに「アインクラッド編」「フェアリィダンス編」「ファントムバレット編」「キャリバー編」「マザーズロザリオ編」に分けられ1シリーズ25話、第2シリーズ24話放送され、そして現在アニメが放送されているのが「SAOシリーズ」で屈指のボリュームと人気を誇る物語「アリシゼーション編」である。こちらは1年かけての放送となり最近の深夜アニメの大体3か月長くても半年のアニメが多い中で気合の入り方が違うなと思いました。

そんな壮大な物語の口火を切る主題歌を担当するのが「LiSA」であり「ADAMAS」なのだ。

楽曲紹介

これから紹介するLiSAの楽曲は以前もご紹介しているものが多いので、今回は物語との繋がりを私なりの解釈で伝えていけたらと思っております。

「crossing field」

最強タッグ誕生の楽曲ですね。第1期の最初のオープニングテーマ。「本当の死」そんないきなり突き付けられた残酷な現実に恐怖で始まりの町で震えていたアスナ
そんな恐怖を振り払うため、自分の閉じ込められた姿を見て涙する家族の姿を目の当たりにし足掻くキリト。そんな二人は第1層のボス攻略会議で出会う。
アスナは、怯えて最期を迎えるくらいなら最後まで自分らしくいたいと奮起し、戦うことを選んだのだ。
キリトの今の家族は義理であり、生まれて間もなく本当の親を事故で失っている、10歳の時に不意にその事実を知ってしまう、そこから自信と他者との距離感が
狂い、人との関わりを恐れるようになってしまう。ゲーム内でもベータテスターということもあり、極力人とのかかわりを避けていたのだ。
だが第1層でクラインと出会い、アスナと出会い、妹に似ていたからという理由でシリカを助け、リズベットやエギリ達とも親交を深めた。
多くの人と出会い、「月夜の黒猫団」という自分がベータテスターと言うことを伏せダンジョン内でギルドが壊滅し守れなかった無力感に苛まれたり
殺人ギルド「ラフィンコフィン」討伐で2人を斬った罪を背負いながらも、絆を深めアスナを愛し、守り抜くと誓い辛い闘いの中でも
彼女となら強くいられると思った。そんな一人では心も体も弱弱しいキリトはアスナの為、誰かの為だから強くいられる男の子なんだと思う。
LiSAの女性らしい繊細な女性らしい歌声からサビでのパワフルな歌声がそこを鮮明に際立たせている。

「NO More Time Machine」

こちらは、「キャリバー編」のエンディングテーマです。リアルでの死とかはなく、ゲーム内でレア武器を皆で取りに行こうとしたらAIがゲーム自体
滅ぼそうしているので阻止するぞって話ですwwwww
曲調も平和な感じたっぷりのハートフルな楽曲です。キリト達にとってSAOという過去は消したくても消せない過去かもしれない
でもタイムマシンでSAO事件に巻き込まれなかったら今のこのメンツとは会えなかった、あのゲームで誰かが死んで一生会えなかったかもしれない。
だから今こうやって笑いあってまた皆でゲームができる今がいいんだ、だからタイムマシンなんて必要ない。
あの頃は大変だったけどみんなと会えてよかったなって思い出し笑いができる今がずっと続けばいいな
そんな当たり前のことが幸せなんだと、あのデスゲームをプレイしたからこそ感じれるのだと思った。

「シルシ」

こちらは、LiSAの楽曲中でも屈指のバラード楽曲ですし、感動の名作「マザーズロザリオ編」のエンディングテーマに起用された楽曲。
ユウキ達は難病を患った人たちで構成されたギルド「スリーピングナイツ」彼らは自分たちのいた証を残したい、「僕たちはここにいた」そんな証を。
楽しい時間それが残り少ないからこそ精いっぱい輝いて笑顔でたくさんの思い出を作ってそんな幸せを胸いっぱいに抱えて明日へ向かって
君と同じ速度で歩いていきたい。アスナとユウキ達の時間は確かにほんの一瞬だったのかもしれないでもユウキやスリーピングナイツのみんなや
アスナにとってはかけがえのない時間で、刻まれた証は一生の宝物。たとえ時間が容赦なく流れていったとしても
じっと見つめていたアスナの瞳にはボク(ユウキ)が生きたシルシが映っている。
そしてユウキが託したOSS(オリジナルソードスキル)「マザーズロザリオ」はユウキがこれからもアスナを側でずっといて守ってくれるというシルシなのだ。

「Catch the Moment」

こちらは、劇場版「ソードアート・オンライン オーディナルスケール」の主題歌の楽曲。SAO世界の光がキリトであるなら多くの闇があってその一つがエイジなのだ
電子アイドルとして登場したユナは、オーグマー端末の開発者の娘であり、SAO事件で命を落とした少女「ユウナ」であった。エイジはユウナを救うことができなかったそんな弱かった自分への後悔をずっと抱えて生きてきたのだ。大勢の人の前で歌を歌いたい歌の大好きな少女はその夢をかなえることはできぬまま命を落とした。
ユウナを蘇らせるため、SAO生還者からユウナに関係する記憶つまりSAOゲーム内の記憶を抜き取り、再構築しようと考え、クラインやアスナの記憶が
奪われてしまう。あの瞬間がなければアスナとキリトの絆はここまで深く結びつかなかったたとえ嫌な記憶であったとしてもあの記憶は失ってはいけない
大切なものなんだ。だからいつかは止まってしまう世界の秒針、その間にあと何回君と一緒に笑っていけるかな。キリトとアスナのは未来への願い。
エイジとユウナはもしあの時彼女を救えていたら今も君と笑いあえただろうか・・・という叶わぬ願い。
そんな大切な瞬間を逃がさないように今を一生懸命生きていこうと思わせてくれる楽曲ですね。

 

「ADAMAS」を聞いて思った事

LiSAのSAOでもオープニングは「crossing field」以来になりますね。
ギターの音も重くずしっとした骨太なサウンドで疾走感と言うより重厚で壮大なイメージが強いですね。
「SHiNY SWORD MY DiAMOND」ここの歌詞からソードアート・オンラインらしさかつIが小文字表記になるのはLiSAらしさもあっていいですし
アニメではサビでキリトと「アリシぜ―ション編」での相棒でキーキャラクターのユージオの息の合った剣舞がとてもカッコイイ
サビのラストで旅に出る二人が手を叩き最後に空に人差し指を突き上げる一連の動作も真似したくなります、真似をするとなかなかダサカッコイイですけどww
キリトの心情を考慮すると「アインクラッド編」のような死への怯えは感じませんね、それより目的の為苦難を乗り越えていくんだという確固たる意志が
楽曲を聞いて感じました。なんにせよ骨太ロックチューンで個人的に大好きな楽曲なのは間違いないです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「アリシぜ―ション編」絶賛放送中ですので、ぜひ見て欲しいですね。映像、音楽、ストーリーどれをとっても間違いなく今季最高の出来だと思います。
原作小説では「アリシゼ―ション編」は完結しておりますので、気になる方はそちらもチェックしてください。
「ADAMAS]はフルverが各サイト先行配信中ですがシングルCDに12月12日リリース予定ですのでDLする方シングルを待つ方どちらも楽曲を楽しんでほしいです。
ちなみにエンディングテーマを担当しているのはこちらもSAOシリーズではおなじみのLiSAに並ぶ帰ってきた最強歌姫「藍井エイル」曲は「アイリス
こちらは10月24日に発売しますので合わせてチェックしてみて下さい。

ではではノシ

一緒に見て欲しいおススメ記事

キャッチ引用:https://www.pinterest.jp/pin/842595411510496575/

-J-POP, アニソン, その他, 曲紹介, 音楽
-, , , , ,

Copyright© Artinize , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。