ロック・バンド 曲紹介 音楽

[SPYAIR]爆発的破壊力!「現状ディストラクション」の痛快な魅力!

更新日:

みなさまこんにちは。
飴玉と申します。

今回私がご紹介して参ります内容ですが。
痛快で爽快な楽曲で人気のロックバンド[SPYAIR(スパイエアー)]さんが歌う「現状ディストラクション」という楽曲の魅力を私なりに余すところなくお伝えしていこうと思います。

現状ディストラクション

どんな楽曲

この楽曲は彼らの12枚目シングルとして発売されました。
アニメ映画「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」主題歌に起用された楽曲になります。
タイトルからも想像できるようなパワーあふれる痛快な楽曲であり。
ガムシャラで熱い想いが楽曲から溢れ出ているように感じます。
メロディー・歌詞共に非常にインパクトが強く。
周りを巻き込んでいくような壮大さを持ち合わせつつ。
人間らしい繊細さみたいなものもこの楽曲からは感じます。
過去でも未来でもなく「」を懸命に生きていく。
そんな不器用ながらもそんな姿がカッコよく見えるような。
破壊力抜群の突き抜けた楽曲です。

歌詞のポイント

英語の言葉から始まっていくこの楽曲の歌詞。
序盤から中盤にかけてはどこか哀愁漂う雰囲気で進行していきます。
独特の表現でありながら不満や不安を覚える日常の中に。
1人立ち尽くしているような情景が歌詞からは浮かんできます。
そんな思いを抱えつつも自然と世界に馴染んで行き。
その中で自分の将来を思い浮かべる中で今の環境に嫌気がさしたのでしょう。
暴れだしたい、わめき散らしたいと抱えいる中で自分は何をしているんだろう。
そんな感情が滲め出ている歌詞からサビに入りますと。
自分がこれでよかったと燃え尽きれるくらい正直でいたい。
なんとなく過ぎていくだけの日常に楔を打ち込んで行きたい。
どんなに落ち込んで暗く感じる世界でも走り続けていたい。
一瞬のうちに過ぎていく今を生きていくんだという気持ちが溢れています。

2番に入るとより世界観が深くなっているように感じます。
たくさんの人たちが暮らす世界の中では自分たちがいなくなっても大した影響はないだろう。
いつもと何も変わらず時間は流れていき同じように季節は過ぎていく。
そんな風に過ぎていくこの世界に一体何があるんだろう。
その中で自分が全力で向き合っていけるもの取り組みたい。
不安を抱えているだけの毎日なんかではなく。
そう考えたときに自分にとって大事なものが何か考えたとき。
この世界にはそこまで多くの大切にしたいものはなかった。

ラスサビ前ではそんなものなんて必要ない。
それを蔑まれたりしようとも正直にいたい。
日常の中で笑えなくなったし、誰からも愛されていなくてもいい。
自分を曲げずにいられるなら構わないというような覚悟が伝わります。
ラスサビでは1番のサビと同じ歌詞が歌われてこの楽曲は終わります。

メロディーのポイント

イントロからバリバリのロックサウンドで始まり。
歌詞が持つ言葉の力強さに負けないくらい激しく感じる演奏は聞いていて非常にスカッとした気持ちにさせてくれます。
スピード感もやや早めで楽曲のイメージにはピッタリ。
アツくガムシャラさで突き抜けていくような清々しさ。
歌詞の所々に垣間見える尖った言葉を煽るかのようなイメージ。
この楽曲を構成するメロディーの随所にありのままを突き詰めていく。
圧倒的激しさで魅了するロックバンドらしいメロディーだと思います。

1番好きなポイント

私がこの楽曲で1番好きなポイントは2番のサビの歌詞になります。
自分が生きている日常の中で不安なこと不満なことをたくさん抱えて生活している中でも時間は進んでいくもの。
その中で手探りでありながらも人は自分が信じる道を歩いています。
めまぐるしい変化の中で人はなにかを犠牲にしながらなにかを手に入れています。
抽象的ではありますが「その何か」が自分にとってどんなものなのか。
それは、大切なものかもしれないし。
自分にとっては必要のないものなのかもしれない。
その答えを考えた時に実は大切なものって意外と多くない。
だからこそ余計な事を考えずに今を生きることに全力を注いでみればいい。
そうすればきっと世界が変わって見えてくるから。
そんなメッセージをこの部分から私は受け取りました。
だからこそ「今」の大切さを教えてくれるこの部分を挙げました。

どんな時に聞いてほしいか

この楽曲を聞いてほしいと感じるタイミングは「モヤモヤを吹き飛ばしたい時」がピッタリかなと思います。
この楽曲の1番の魅力はなんと言っても「楽曲が持つ破壊力」だと私は思っています。
メロディーが持つ激しさはもちろんのこと。
歌詞の中には辛辣で尖った言葉や気持ちがいいくらいスカッとするような言葉がたくさん見受けられます。
まさにタイトル通り「今を壊していく」という気持ちが全面に出ているのがこの楽曲であります。
日々の生活で感じる不満や不安を吹き飛ばしていく清々しさ。
聞いているだけではなくカラオケなどで全力で熱唱すれば非常に気持ちがいいでしょう。
変にかくしたりするのではなく感情のままに全てを曝け出しているような潔さ。
この楽曲にはネガティブなものを消し去るパワーが溢れています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私自身も大好きなこの楽曲。
彼らが歌う楽曲には生命力と言いますか。
聞いている人に元気ではなく活力を与えてくれるような楽曲が多いように感じます。
これからもそんな素晴らしい楽曲を私たちに届けてくれることでしょう。

キャッチ引用:YouTubeより

-ロック・バンド, 曲紹介, 音楽
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Artinize , 2020 AllRights Reserved.