ロック・バンド 曲紹介 音楽

[UNISON SQUARE GARDEN]圧倒的スピード感「fake town baby」ダークな世界観の魅力!

投稿日:

みなさんどーもです。
戦国武士でございます!
本日ご紹介するのは私が愛してやまないロックバンド。
[UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾンスクエアガーデン)]の楽曲の中から。
私のお気に入りシングル楽曲「fake town baby」の魅力をご紹介して参ります。

fake town baby

どんな楽曲

この楽曲は13枚目のシングルとして発売されました。
アニメ「血界戦線 & BEYOND」のOPに起用されたアニソンなのです。
全体的にかなり尖った楽曲であり、個人的にここまで尖っているシングル表題曲は2枚目の「マスターボリューム」以来かなと…。
後述で詳しく見ていく歌詞はもちろんの事。
楽曲のスピード感や演奏の激しさは非常に痛快です!
私個人としてはシングル曲で「カッコよさ」で言えば文句なしのNO.1
これまで色んなぶっ飛んだ楽曲を聞いてきましたが…その中でも異彩を放っています。
それは楽曲がもつ「クな魅力」がそうさせるのか?
反抗的で尖った印象に何をしでかすか分からない不気味な感じ。
だからこそ聞いていて非常に痛快であり何度も聞きたくなってしまいます!

歌詞のポイント

まずはイントロですよね。
ガッツリ英語で構成されている歌詞なんですよ…。
これを英語力が疎い私は翻訳してみましたが何とも不気味だなと。
タイトルどおりの「嘘や真実」と言ったキーワードに似た言葉が出てきたり。
これまでの似たタイプの楽曲とは違った印象を受けます!
そんな英語の歌詞を終えると日本語で歌われいる部分がお目見えするのですが…。
まぁ、尖ってます…情けとかその場しのぎとか「甘えや自己満足」みたいなものをぶった切ってます(笑)
サビ前に掛けては何が正解なのか分からなくなってきているというような。
不思議で意味深な言葉で歌詞が構成されているように感じます…。
そして迎えるサビはもうぶっ飛んでますよね(笑)
神様に頼るのではなく自分自身の選択で歩んで行けよ!
ぐだぐだ言葉を並べたところで結果の残さなきゃ相手にされないのがこの街だから。
すごく痛快な言葉がハイスピードで歌われているんですからすごく気持ちがいい。

2番に入っても楽曲全体のイメージは全く変わるどころかより加速していきます。
特に中盤からサビ前の歌詞に掛けては1番以上に辛辣な言葉が多い。
特にサビ前ですよね…自分が個人で根付いている常識はガラクタなんだと。
サビに入ってもその勢いは全く止まらずに…キャッチーな言葉を含んでいるものの。
どこまでも真っすぐに走り抜けていく感じがもうたまりませんよね。

楽曲の終盤の部分では何が真実で何が嘘なのか?
それを確かめたところで意味はなくて…そんな事よりも大切な事。
どんなに汚く見えてもこの街を世界を僕たちは生きていて愛してるんだと。
そんな世界だからこそ当分は生きていく事に飽きることはないだろう…。
みたいなニュアンスに感じるわけでございます。
そして、ラスサビを迎えて同じように辛辣な言葉を繰り返しながらも。
それを受け入れつつ楽しんでいく事が大切なのでは?と問いかけてくるような言葉が入っていたりもします。
盛大にこの楽曲の世界観を植え付けつつ最後は「お待たせ」という言葉で軽快に締めくくられています。

メロディーのポイント

イントロからどこか不気味な雰囲気が漂いつつも決して静かという訳ではなく。
全体を通してかなり早いテンポで進んで行く印象を受けます。
特にドラムのスピード感が聞いていてすごく気持ちがいい!
息つく暇を与えるものかと言わんばかりの激しさを感じると言いますか…。
もうかなりぶっ飛んでいるな感じるわけでございます(笑)
ここまでの激しさはこれまでのシングル曲の中でもトップクラスだと思います。
歌詞があれだけ尖っていますが、そこに相乗効果を生み出すようなイメージ。
特にサビ前の煽りからのサビの流れは素晴らしすぎますね…。

1番好きなポイント

やはりこの楽曲で1番のオススメポイントはかなり尖った1番のサビの歌詞でございます。
いきなり神様なんていない、いても自分にはいらないとかなりぶっ飛んでいて。
その後に今立っている場所は「誰の現在地」なんですか?と問いかけてきます。
これは自分の道は神様が選んだものではなく自分が選んだものであり。
だからこそ神様に頼るのではなくて、周りのせいにするんじゃなくて…。
自己責任で自分の道を進んで行けよ!自分で判断しろよ!みたいな。
厳しくもすごく的を得ている正論をぶつけてくるのがこの楽曲の魅力
自分の嫌なものだけ切り捨てて周りに同調したところでうまくいくわけがない。
だったらグダグダ言う前に結果を残して周りを納得させてみろよ!
とこれまた正論であり自分たちの音楽の方たちをやりたいように追及してきた。
彼らが歌い、演奏するからこそ説得力がある言葉だなぁと思います。
メロディーの早すぎるテンポも込みで私が1番好きなポイントです!

どんな時に聞いてほしいか

個人的にオススメしたいのは「イライラしている・テンションをあげたい」と言った感じです。
まずは何度も繰り返しになってしまいますが…この楽曲の魅力は「ぶっ飛んでいること」にあるかなと。
それは辛辣な言葉の数々で構成された歌詞はもちろんのこと。
どこで息を吸い込めばいいのかわからないスピード感あるメロディー。
この楽曲が持つすべての要素がピッタリかなと思う訳であります!
自分や周りにイライラしたときにこの楽曲を聞いて放出するもよし。
気持ちをいったん整理するために頭を冷やすときに聞くもよし。
沈んだ気分を一気に押し上げたい時に聞くもよし。
本当はカラオケなんかで歌えたら非常にスッキリするし楽しいのですが…。
いかんせんユニゾンの楽曲を原曲キーで歌うのは男性には難しく。
この楽曲はその中でも特に難しい楽曲だと思います。
それ故、歌うならオクターブを下げて歌うかキーを変更するのをおススメします!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?
ユニゾンらしい激しく尖った楽曲でありつつ。
突き抜けている楽曲なので嫌みが全くない。
シングル曲でここまでの楽曲は本当に久々だと思いますので。
是非とも聞いたことのない人は1度聞いてみてください!

以上、戦国武士でした。
それでは!

キャッチ引用:YouTubeより

合わせて読みたいオススメ記事

-ロック・バンド, 曲紹介, 音楽
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Artinize , 2019 AllRights Reserved.