J-POP 曲紹介 音楽

[FUNKY MONKEY BABYS]大人気楽曲「あとひとつ」野球に根深い力強い魅力!

更新日:

皆様こんにちは。
飴玉と申します。
今回ご紹介致しますのは解散してなお根強い人気を誇る3人組。
[FUNKY MONKEY BABYS(ファンキーモンキーベイビーズ)]さんが歌う大人気楽曲「あとひとつ」の魅力を徹底解説していこうと思います。

あとひとつ

どんな楽曲

14枚目のシングルとして発売されたこの楽曲。
MV・ジャケット写真には当時「東北楽天ゴールデンイーグルス」に所属していた[田中将大]選手が出演・起用されています。
またこの楽曲は毎年「夏の甲子園」を取り上げている番組「熱闘甲子園」のテーマソングにも起用されました。
言うまでもなく「野球」と非常に縁が深い楽曲なんですね。
その話の延長になりますが2013年の日本シリーズ第7戦、楽天初の日本一に輝いた試合。
9回表に田中選手がマウンドに向かう際にこの楽曲が流れファンが大合唱なんて1幕もありました…。
バラード調でありながら内容はファンモンらしい応援歌。
高校野球の世界観が詰まった少し切なくも力強い楽曲です。

歌詞のポイント

イントロ後からサビで始まるのですがサビは後ほど。
1番の序盤からサビ前にかけての歌詞から見ていきます。
この楽曲の主人公は高校時代に甲子園を目指していたのでしょう。
砂まじりの風」や「グラウンド」といった野球に関する言葉
練習を重ねていく中で先の見えないゴールに疲れているような情景が浮かんできます。
そんな中で出会った君からもらった一つの言葉を今でも覚えているんだと。
迎えるサビではたった1つの何かが願いを叶えるキッカケになるかもしれない。
そう信じて何度でも手を伸ばし立ち上がり続ける。
何度挫けそうになってもまた立ち上がって進めばいいんだ!
みたいなメッセージが込められているように思います。
2番に進んで行くとどこか捻くれてしまった主人公の様子や心情がメイン。
その中で大切な人からもらったものを思い出していく。
みたいなどちらかというと「挫折からの這い上がり」が強く印象に残ります。

そしてラスサビに向かう直前の部分の歌詞。
Cメロっていうんですかね…。
その部分においてはこの楽曲に込められたメッセージを1番強く感じられる歌詞。
それが、この部分かなと思っています。
周りになんて言われても、掴みたいものがあるから…。
諦めたくないから進んで行くんだ!」みたいな楽曲の主人公の真っすぐな思い詰まっているように思います。

全体を通し泥臭さはありつつも後ろから背中を押してくれる様な。
どこか懐かしさも感じる温かい応援が詰まっています。

メロディーのポイント

全体的に非常にゆっくりとしたテンポのバラード調で進んで行きます。
この楽曲は歌詞のメッセージ性がすごく強い楽曲ということもあるのか…。
必要最低限といった感じですごく静かでキレイなメロディーです。
聞いていて落ち着いてくるような優しいイメージとでも言いましょうか。
背中を押してくれる様な力強い歌詞が真っすぐ届いてくるのではなく。
その歌詞をふわふわしたもので包んで届けてくれているような。
だからこそキレイごとの嫌らしさを受けるのではなく。
少しずつジンワリと元気をくれているような印象の優しい楽曲になっているのかなと思います。

1番好きなポイント

私が1番好きなポイントとして挙げるのは1番の中盤の歌詞になります。
この部分の歌詞では「夢は簡単じゃないから夢なんだ」みたいなメッセージを私は受け取りました。
確かに簡単に叶ってしまう夢なんて叶えたところでまた次の夢ができるだけ。
例えば「野球に関わる仕事をしたい」というのと「プロ野球選手になりたい」という2つの夢。
間接的であれ野球に関わる仕事をするのと、実際に自分の実力で食べていくプロ野球選手。
両者では叶えることのできる人数に大きな違いがありますよね。
大きな夢だからこそ叶えるのが難しくてたくさんの人が目指しているわけですよね。
その小さな可能性を上げるためにする努力なわけですから。
確かに叶えられなければ無駄な努力で終わってしまうのかもしれません…。
結局はその努力をどこまで続けるかを自分で線引きしなきゃいけないんですよね。
私がこの部分の歌詞から感じたのは「後悔だけはするんじゃないよ?」って感じです。
簡単じゃない夢を掴んだ時に自分が手にするもの。
それは自分にとってすごく素敵なものになるのだから。
あの時もう少しやっていれば」みたいな後悔はしないように。
自分が納得できるまではやってやるんだ!みたいな気持ちにさせてれる。
すごく力強い歌詞なので1番のお気に入りです。

どんな時に聞いてほしいか

真っ先に浮かんだのは「挫けそうになった時」でございます。
これは年代を問わず言えることかと思っていまして。
学生ならそれこそ部活であったり、勉強であったり。
社会人であれば仕事をしていく中で様々な壁にぶつかるかと思います。
そんな時に誰もが感じてしまうであろうことが「諦める」と言うことです。
途方が見えないからこそ努力みたいなものが無駄になるかもしれない。
投げやりになってしまいがちになって不安になりますよね…。
そんな時にこの楽曲を聞けば少しはかわってくるのではないかと思います。
あと少し、もう少しだけ頑張ってみようかな?
という気持ちにわずかでも傾けることが出来れば心の余裕も少しは持てるのではないでしょうか?
そんな時の不安を前向きな気持ちに変える時手助けをしてくれる楽曲です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私は毎年夏の高校野球が始まるたびに何度か期間中にこの楽曲を聞くことがあります。
高校球児の1球1球に掛ける思いであったり、この楽曲の世界観であったり。
テーマにリンクしているからこそなんでしょうがすごく楽曲の世界に入り込んでしまいます。
みなさんも挫けそうになった時には是非この楽曲から元気をもらってください。

キャッチ引用:YouTubeより

-J-POP, 曲紹介, 音楽
-, , , , , , , , ,

Copyright© Artinize , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。