アニソン 音楽

[ポケモン]各世代の懐かしすぎる名曲揃い踏み…オススメ楽曲コレクション!

更新日:

みなさんこんにちばんは。
本日はアーティストではなくとあるアニメの楽曲について書いていこうと思います。
過去にもいくつかアニメについて書いたことがありますが今回ご紹介致しますのは…。
世界に誇る国民的アニメポケットモンスター」の各世代ごとにオススメ楽曲
いくつか選んでご紹介していければなと思います!
幅広い世代に愛されるポケモン。
長きに渡って高い人気を誇るアニメを彩ってきた名曲・神曲たち。
今回はそんな子供の頃の懐かしい気持ちに浸っていただければと思います!
筆者の年齢の都合上「シンオウ地方」を舞台とした「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
までのご紹介となりますがご了承くださいw
それでは参ります!

※ポケットモンスター:無印、アドバンスジェネレーション:AG、ダイヤモンド&パール:DP
以上のように表記させていただきます。

カントー地方編(無印:1話~81話)

めざせポケモンマスター

まずは何と言ってもこの楽曲記念すべき最初のOPである。
めざせポケモンマスター」になります!
本作の主人公『サトシ』の主人公の声を務めている[松本梨香]さんが歌われています。
歌詞には実際のポケモンのタイプが使われていたり。
楽曲の中に登場人物である『オーキド博士』やサトシの相棒である『ピカチュウ』を始めとするポケモンの声など!
色々と楽しい要素が詰め込まれた楽曲ですよね!
イントロの部分からもう懐かしい…。
20代から30代にかけての方はこの歌を聞いて育ったという方も多いのではないでしょうか?

ニャースのうた

2代目のEDとして歌われているこの楽曲。
主人公サトシ達の冒険をする『ロケット団』のメンバーであり作中で珍しい人語を理解するポケモン。
ニャース』の声優である[犬山犬子]さんがニャースとして歌っているのがこの楽曲。
ほのぼのとしたメロディーとゆったりとしたテンポが特徴的。
個人的にはかなりの癒しソングであります!
どこか達観している言葉が多くも可愛らしい歌詞。
この感じの楽曲はなかなかないなと感じるくらい特殊というか…。
ちょっと不思議だけど惹かれる。
リラックスしたい時に是非とも聞いてほしい1曲です!

タイプ:ワイルド

5代目EDとして歌われているのがこの楽曲です。
ポケモンのアニメ史上最高のEDと名高いこの楽曲はもちろん筆者も1番好きなEDですw
この楽曲もサトシの声優である松本梨香さんが歌われていまして。
イントロの部分は後述でご紹介するある楽曲のサビの部分から始まり
旅のスタートから現在までの道のり。
これからの旅に向けられた思い。
そんなものが詰まっていて楽曲全体を通して疾走感あふれるテンポとメロディーがカッコいい!
楽曲の終わり間際にゆっくりと優しく締められるのもこの楽曲の魅力です。

オレンジ諸島編(無印:82話~117話)

ライバル!

オレンジ諸島編の全ての回で使われた2代目OPになります。
初代OPと同じくサトシの声優である松本梨香さんが歌われています。
序盤から歌詞がポケモンの技で構成されていてキャッチー
メロディーは躍動感ある楽器の音が印象的です!
長い旅を通して出会ったライバルたちとの数々のバトル。
勝ち負けの心情も大事だけどバトルを通したからこそ手に入れたもの
タイトル通り「ライバル」達との色々な思い出が詰め込まれた楽曲です!
かなり熱い曲なので聞いていてテンションも上がります。

ラプラスにのって

オレンジ諸島編の2代目ED起用された楽曲になります。
カントー地方からサトシと旅をともにする『カスミ』とこのシリーズのカギとなるポケモン『ラプラス』。
それぞれの声優である[飯塚雅弓]さんと[愛河里花子]さんが歌っています!
楽曲全体を通して南の島を連想させるようなポップで可愛らしいメロディー。
歌詞がひらがなとカタカナで構成されている非常にかわいい楽曲です!
ラプラスは人を背中に乗せることができるポケモンでそんなラプラスの背中に乗りながら物語は進みます。
このシリーズの後半サトシたちはラプラスと別れることになるのですがその回は泣きながら見ていたのを覚えています…。

ジョウト地方編(無印:118話~192話)

OK!

ジョウト地方編で1番最初に起用されたOPであり無印で数えると3代目OPになります。
これまでのOP同様にサトシの声優である松本梨香さんが歌っています。
楽曲全体をとおしてすごくハイテンションな楽曲と言えます!
バンドの楽曲に使用されるような楽器で構成されたメロディーはすごくカッコいい。
特にサビ前の煽りの部分からサビへと繋がっていく部分なんて最高です。
懐かしさはもちろんの事、聞いていてすごく元気になる楽曲かと思います!
テンションを高めたい時なんかには是非とも聞いてほしい1曲です。

僕のベストフレンドへ

ジョウト地方編の6代目EDで起用された楽曲で70年代にアイドルとして活躍され。
現在も歌手として活躍している[岩崎宏美]さんが歌われています。
鍵盤楽器をメインに使用した優しくゆったりとしたバラードです!
サトシとピカチュウに旅の思い出だったり。
その中でピカチュウへの思いがすごく優しく真っすぐに歌われています。
ずっと旅をともにしてきたサトシとピカチュウの素敵な関係性。
あくまでバトルの為でなく友達としてポケモンと接するサトシの温かさ溢れる楽曲です!

Ready Go!

ジョウト地方編の終盤にOPとして起用されたのがこちらの楽曲です!
シンガーソングライターの[田村直美]さんが歌われています。
早いテンポでポップなメロディーが非常に明るく、そんなメロディーにピッタリはまった歌詞。
どこまでも前向きに進んで行くんだ!と言っているかのような…。
長い長い旅の果てに待っている夢を掴むまではひたすら前へ。
そんな真っすぐな思いが詰め込まれた楽曲かと思います。
ちょっと落ち込んだ時になんかピッタリかもしれませんね。

前向きロケット団!

ジョウト地方編の7代目EDとして起用された楽曲になります。
タイトルどおり『ロケット団』の『ムサシ』の声優[林原めぐみ]さん、『コジロウ』の声優[三木眞一郎]さん。
ニャース』の声優犬山犬子さんで歌われていてジョウト編で仲間になった『ソーナンス』の鳴き声も入っています!
メロディーと歌詞共に非常にキャッチーな楽曲であり楽しさが詰まってます。
どんなに失敗してもひたすら次の事を考えるロケット団の前向きな姿勢や気持ち。
それが面白おかしく歌われていてこちらも人気の高いEDになります!

ホウエン地方編(AG:1話~134話)

アドバンス・アドベンチャー 〜Advance Adventure〜

AGの初代OPとして起用されたのがこちらの楽曲であり初めて男性が歌っているOPです!
双子の音楽ユニット[GARDEN]が歌っています。
四字熟語が歌詞として使用されていたり当時発売されたゲームやホウエンシティの街など。
しいポケモンの世界が詰め込まれた楽曲かと思います!
今までのOPにない男性ならではの力強くも爽やかな声と合わさるメロディー。
サビの部分の感情を表す「ワクワクやドキドキ」と言った言葉がローマ字で表記されていたり。
面白さもたくさん含んだ明るい楽曲です!

ポルカ・オ・ドルカ

AGの2代目EDとして起用された楽曲であり『ニャース』と[ノルソル合唱団]で歌われている楽曲です。
チェコの民族舞曲である「ポルカ」がモチーフとなっている楽曲であり。
これまでの楽曲にない独特なテンポとメロディーに合わせて歌詞のほとんどをニャースが歌っています。
アニメのED映像では実際にこの楽曲に合わせてポケモン達が踊る可愛らしい映像は必見!
当時の子供時代を思い出させるような歌詞が淡々と歌われていたちホントに独特。
聞いていても映像を見ていても非常に楽しい楽曲です。

バトルフロンティア編(AG:135話~192話)

バトルフロンティア

AGにて放送されたバトルフロンティア編のOPに起用された楽曲になります。
歌っているのは歌手の[高屋亜希那]さんになります。
個人的にOPの中でもかなり上位に推したい名曲であり順位を付けるなら2位にしたい!
イントロからカッコよくワクワクするメロディーと女性でありながらきれいで力強い声。
歌詞もすごく熱い気持ちが込められていてカラオケなんかで歌ってもすごく楽しい。
特にサビ前からサビにかけてのノリの良さは全楽曲屈指のモノだと思います!
当時ポケモンを見ていた世代とカラオケに行って歌ったら盛り上がること間違いなしの名曲です。

GLORY DAY 〜輝くその日~

ホウエン編~バトルフロンティア編にかけてのEDに使用された楽曲です!
AG編の初代OPも歌っている[GARDEN]が歌っています。
前述の曲とは違いこちらはどちらかという明るい雰囲気は残しつつもゆっくり。
どちらかというと励ましてくれる様な優しい楽曲です。
中でもサビのメロディーは優しくも力強く、楽器も相まってカッコよくも聞こえる。
聞き手の捉え方次第では色んな角度から魅力が出てくる楽曲です!

シンオウ地方編(DP:1話~193話)

Together

DPの初代OPに起用されたのがこちらの楽曲で歌手の[あきよしふみえ]さんが歌っています。
私がポケモンのOPで1番好きな楽曲がこの楽曲になります。
壮大かつポップで明るいメロディーとポケモンに関する言葉がたくさん詰め込まれた歌詞。
何よりサビのメロディーがすごく好きでして。
そんな歌詞の中にも[ポケモンの技]や[きのみの味]がそのまま歌詞になりうまくマッチしている。
もうホントにどこを取っても大好きな楽曲です!
全体的に明るくてテンションも上がるので聞いたことない人は是非とも聞いてみてください。

風のメッセージ

DP4代目(実質2代目)EDとして起用された楽曲になります。(これ以前の楽曲は初代の別バージョン含む3曲。)
グループのボーカルとしても活躍されている[水橋舞]さんが歌っています。
弾んでいるかのような躍動感あふれるメロディーに合わせてポップに歌われている歌詞。
どこかに走り出していきたくなような楽曲でありまして。
この楽曲もEDの中では人気の高い楽曲であります!
1日のスタートなんかに聞いてみるといいスタートが切れそうな楽曲です。

映画関連

風といっしょに

第1作目の映画「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」のEDに起用された楽曲になります。
日本音楽界の大御所である[小林幸子]さんが歌われている楽曲です!
壮大で雄大なメロディーと小林さんの堂々たる力強い声とささやくような優しい声。
楽曲全体が優しくもとてつもなく大きな規模というか世界が詰まっているように感じます。
歌詞も自然の物を少し難しい言葉に置き換えるもののそれが返って楽曲としての存在感を大きくしている。
無印編でご紹介した「タイプ:ワイルド」のイントロにはこの楽曲のサビのメロディーが使われています。
記念すべき映画第1弾にピッタリの大きな世界観が詰まった素晴らしい楽曲です!

ひとりぼっちじゃない

第5作目の映画劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオスのEDに起用された楽曲になります。
アコーディオニストの[coba]さんが作った「most decision」という曲にシンガーソングライターの[宮沢和史]が歌詞を付けて生まれた楽曲です。
アップテンポでありつつもキレイで美しいというような表現が正しく思えるメロディー。
タイトルどおり寄り添っているかのような温かい歌詞。
この2つが合わさって力強く、キレイで美しく完成されているのがこの楽曲だと思います!
サビの静かだけども真っすぐに入ってくる言葉と音楽。
映画の舞台「アルトマーレ」の美しい世界観とリンクしているような楽曲です。

小さきもの

第6作目の映画「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」のEDに起用された楽曲になります。
歌手の[林明日香]さんが歌っているバラード楽曲になります。
劇中ではサトシの仲間である『ハルカ』演じる[KAORI]さんが「ママから教わった子守歌」ということでこの歌を口ずさんでいます。
またこの映画のタイトルにもある『ジラーチ』が眠りの繭から出てくる際や眠千年の眠りにつくシーンで口ずさんでいます!
伸び伸びとしたメロディーと力強く伸び伸びとした声。
聞いていてぶつかり合うこともなくお互いにスーッと入ってくる繊細な感じとでも言いましょうか…。
原曲は子守歌として聞くには壮大すぎますが楽曲が持つ温かさや優しさという点。
今回の楽曲ではトップクラスではないでしょうか!

番外編

タケシのパラダイス

今回この記事を書いていて「名曲」というテーマであるものの。
どうしても入れたかったポケモン史上最高の「迷曲」がこちらの楽曲です(笑)
サトシの仲間である『タケシ』の声優[うえだゆうじ]さんが歌っています。
キレイなお姉さんに目がないタケシらしさが詰め込まれた楽曲であり。
情熱的なメロディーでタケシの思いが歌詞として歌われているキャッチーな楽曲。
起用されたのがたった5話だけであり幻のEDと言えるでしょう!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?
改めて見るとホントに名曲揃いだなと…。
映画に関してはちょっとしたオマケの気分で載せましたがこちらもアツい。
アニメはDPまで見ているのですが映画は5作目までしか見ていないのでそこまでで。
この記事を書いていてすごく懐かしい気持ちになりましたし。
そんな気分を「ポケモン」を見て育った皆様に味わってもらえればなと思います!
今後も芸能関係の情報の中に交えてこんな内容の物も書いていけたらなと考えていますので…。
今回面白いと感じてくれ方は次回もお楽しみに!

※:ニャースの声優[犬山犬子]さんは[犬山イヌコ]さんと改名されています。

-アニソン, 音楽
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© Artinize , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。