アニソン 声優 曲紹介 音楽

[fripSide]ボーカルは南條愛乃!デジタルサウンドの疾走感が最高のユニット。

更新日:

どもどもオレックスです

さてさて今回は、今や日本を代表するアニメソングアーティストグループとなったユニット「fripSide」をご紹介したいと思います。
サウンドプロデュース担当の八木沼悟志(アーティスト表記は「sat」)とボーカルオーディションで選ばれたnao(当時高校生)の2人で2002年に結成された。
2009年にnaoが脱退し、同年の8月に声優の南條愛乃を新たなボーカルとして迎え、11月4日に再デビューを果たした。
楽曲はトランスやユーロビートな楽曲サウンドに南條愛乃綺麗な高音と合わさった疾走感のあるデジタルな楽曲が多い。そんな「fripSide」の魅力的なメンバーや楽曲を5選ご紹介していきたいと思います。

「fripSide」とは?

上記でも述べましたが、satおよびインターネット内で募集したオーディションで選ばれたnaoで結成されたユニットで、fripSideという名前はsatが作った造語で名前の由来はレコードのB面を意味する。flipsideから来ている。なぜこのようにしたかと言えばB面もA面と同じように「全部の楽曲をA面のつもりで作りたい」というsatの意思が込められている。造語にした理由は、flipsideという他のバンドがすでに実在していたことと、あるチケット会社がこの名称であるため、インターネットで検索する時に色々面倒くさくなってしまうのが嫌だったからということにある。ユニット名にある「S」のみが大文字なのは八木沼悟志自身の名義である「sat」から来ている。
音楽性は、サウンドプロデューサー担当のsatこと八木沼悟志がキーボード奏者であるため、楽曲はトランスやユーロビートなどといった打ち込み系のものが多い。

メンバー

現メンバー

南條愛乃

引用URL:https://www.pinterest.jp/pin/842595411505268143/

2代目ボーカル/作詞を担当。1984年7月12日生まれ。静岡県焼津市出身。愛称は「ナンジョルノ」八木沼悟志からは「なんちゃん」と呼ばれている
2007年に声優としてデビュー動機は母がもともとアニメーターだったことや学生時代に放送されていたテレビアニメ「カードキャプターさくら」の影響を受け、アニメに携わる仕事がしたいと思うようになったからと本人は述べている。
主な出演作・ラブライブ「絢瀬絵里」 探偵オペラ ミルキィホームズ「明智小衣」 戦姫絶唱シンフォギアシリーズ「月読調」など
2009年からfripSideのボーカルnaoの後任としてfripSideボーカルとして活動を開始、2010年に「ラブライブ!School idol prpject」に絢瀬絵里役で参加し、声優ユニットμ’sとしても活動を開始します。2012年にソロ歌手として1stミニアルバム「カタルモア」をリリースしメジャーデビューを果たした。

八木沼悟志

引用URL:https://www.pinterest.jp/pin/842595411505268190/

プロデュース/作詞/作曲/編曲/キーボード/ピアノ/プログラミング/ギター/コーラス/ボーカルを担当。1975年10月29日。千葉県浦安市出身。アーティスト表記はsatもしくは本名をローマ字表記にした「Satoshi Yaghinuma」を使用することが多い。母親がピアノ講師で「音感を養うには3歳から」ということで三歳からピアノとバイオリンを始める。中学校時代にTM NETWORKの影響もあってシンセサイザーを購入。自分で曲を作ってレコーディングしたりしていた。学校卒業後は営業マンとしてサラリーマン生活を送っていたが、徐々に本格的に音楽をやりたいという衝動が抑えられなくなり、社会人5年目の時ネットに自作曲を投稿し好評だったことを受け、会社を辞め本格的な音楽活動を開始した。尚退職前にもアイドルに楽曲提供するなどの活動をしていた。
2002年にnaoとともにfripSideを結成し、2006年頃よりビジュアルノーツと提携し、多数のPCゲーム関連楽曲を手掛ける。2009年に3月にnaoが脱退するが、その後も八木沼プロデュースユニットとして継続されることとなり、同年に新たなボーカルを迎え活動を再開。2011年にm.o.v.eのラッパーmotsu、と歌手の黒崎真音とともに「デジタルJ-Popの灯を絶やさない」ことを目指し、ALTIMAを結成した。

旧メンバー

nao

引用URL:https://www.pinterest.jp/pin/842595411505268152/

初代ボーカル/作詞を担当。1985年1月26日生まれ。現在はソロシンガーとしてfripSide期にも関係のあった5pd.に籍を置いて活動をしている。

おススメの楽曲5選

今回は、南條愛乃がボーカルとして活動を開始した第2期の楽曲からおススメの楽曲を5曲ご紹介していきます。

「only my railgun」

此方の楽曲は南條愛乃が加入し、第2期fripSideとしての1stシングルのリードトラックでテレビアニメ「とある科学の超電磁砲」のオープニングテーマにも起用されました。まさにfripSideらしいデジタルなミュージックに南條さんの綺麗な高音が合わさり、疾走感溢れる楽曲になっています。MVにはなんとマギー審司さんも登場し話題になりました。

「fortissimo-the ultimate crisis-」

此方の楽曲は、3rdシングル「future gazer」のカップリング曲として収録され、PCゲーム「fortissiomo//Akkord:Bsusvier」のオープニングテーマとして起用された。個人的に一番私がお気に入りの楽曲で、疾走感と前奏のピアノがとにかくカッコイイです。

「sister's noise」

此方の楽曲は、6thシングルのリードトラック、テレビアニメ「とある科学の超電磁砲S」のオープニングテーマにも起用されました。PVには同アニメの主人公の御坂美琴のクローンである「妹達」(シスターズ)に扮したダンサーズとゲストで双子のお笑い芸人ザ・たっちが参加しました。オリコンチャートで初めて1位を獲得した楽曲でもある。

「closest love」

此方の楽曲は、Areas~恋する乙女の3H(さんえいち)のゲーム特典CDに収録され、同ゲームのOP&ED主題歌に起用されました。
優しいメロディラインと歌詞が心に優しく染みわたる楽曲です。

「black bullet」

此方の楽曲は、8thシングルのリードトラックとしてリリースされ、テレビアニメ「ブラックブレット」のオープニングテーマに起用されました。今までの曲の雰囲気とは違い、ダークでゴッシク雰囲気に表現するのに苦労したという。PVにはボブサップがボディーガード役としてマフィアのボスにダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが参加しました。

楽曲も素晴らしいが、MVにも毎回ゲストが参戦し笑いの要素も含まれた遊ぶ心ある映像となっており楽しみの一つになっている。

まとめ

いかがだったでしょうか?まだまだ新たな魅力を見せてくれるfripSide今後もアニソン界を引っ張るユニットとしてさらに活躍の場を広げていくだろう
南條さんはソロ活動も7月にパシフィコ横浜国立大ホールにてバースデーライブを開催成功をおさめ、7月12日は自身3枚目となるフルアルバム「サントロワ」をリリースし、オリコン初登場6位にランクインと素晴らしい活躍をしています。今後もソロとしてもfripSideとしても応援していきたいと思います。

ではでは今回はこの辺で!

キャッチ引用:https://www.pinterest.jp/pin/777856166865971927/

-アニソン, 声優, 曲紹介, 音楽
-, , , , , ,

Copyright© Artinize , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。