曲紹介 音楽

[UNISON SQUARE GARDEN]配信限定!「Silent Libre Mirage」爽快でカッコいい魅力とは?

更新日:

みなさんどーも。
本日の内容になりますが、このサイトで何度も取り上げている筆者が大好きなバンド。
[UNISON SQUARE GARDEN]の楽曲の中から爽快でアップテンポ。
個人的にはこれからの季節にもピッタリと感じているこの楽曲。
今年の2月5日に配信にてリリースされた「Silent Libre Mirage」の魅力に迫っていきたいと思います。

どんな楽曲?

この楽曲は今年の1月22日より放送されていたドラマ「男水!」の主題歌として起用された楽曲になります。
高校の男子水泳部を舞台にした青春ドラマであり楽曲の中にも水泳を連想できるような歌詞だったり。
夏に聞きたくなるような爽快なメロディーがこの楽曲の魅力かと。
冬に発売された楽曲ではあるものの「水泳のドラマのタイアップ楽曲」ということで春から夏にかけてをイメージしたような歌詞のように感じます。
青春ドラマのタイアップ楽曲らしいアツくどこか真っすぐ。
それでいて爽やかなイメージがある。
何度も聞いていてどこか外へ出ていきたくなるような…。
高揚感を掻き立てる楽曲です!

※PVがないのでこちらから少しだけ視聴できます。

歌詞のポイント

まずは導入の部分の歌詞。

「ズカズカ」って効果音だったり。
歌詞の表現がなんともユニゾンっぽいなとw
いきなりのキャッチーで真っすぐな感じが良い!
さらに…

ソラシド」という言葉がでてくるのですが。
この部分好きです。
なんかかわいい感じが出てるのが良い。
そんな歌詞の後にちょっと尖った歌詞があるのもまたユニゾンの良さかと。
そしてサビ前の部分。
サビに繋がるまでを完全に煽ってくるような歌詞ですよね。
特に最初の部分の歌詞なんてもう最高ですw
そしてサビに入っていくのですが。

アツい感じを匂わせつつも…
どこか達観しているというか冷めた感じ。
この不思議な感じが個人的にたまらないw

2番になってもユニゾン節は全く止まりません。そうなんです…。
分かっていることなのに正論ぶつけられるとイラっとしませんか?
まさにそんな気持ちを代弁してくれるような歌詞。2番のサビの部分はタイアップしているドラマの「水泳」を連想させるワードかなと。
スタート前に横を向けば等間隔で同じように並んでいるライバルたち。
緊張なり色々と襲ってきますがあくまでも自分は自分。
それが後半の部分に出ているような気もします。
そしてラスサビの直前。

自分が信じている限りどこかに可能性は落ちている。
無謀に見えても。
あくまでも自分を信じてる。
そんな真っすぐな思い出背中を押してくれる様な歌詞ですよね。

メロディーのポイント

イントロからワクワクするメロディーで始まるこの楽曲。
まるでスタートを今かと待っているような止められない感じがでてますw
タイトルにもありますがすごく爽快でアップテンポ。
サビのメロディーは個人的にユニゾンの楽曲の中でもかなり好き!
サビ前の静かな感じから徐々に大きくなっていく感じ。
待ってましたと言わんばかりに弾ける様なサビの躍動感。
ユニゾンで完全に私好みのランキングを作ったら間違いなく上位に入れたい。
それくらいこの楽曲のメロディーは私好みですw

1番好きなポイント

配信限定にしておくのがもったいなくらい。
ホントに個人的ににも大好きなこの楽曲の1番のポイントですが。
ラスサビ前の部分かな…。
この投げやりっぽいと言いますか。
とりあえず任せておけ!
みたいな歌詞がすごくユニゾンらしいと言いますか…。
ホントに独特な魅力だと感じるわけです。
やることはやっておくからあとは準備だけしておけと。
何とも言えないこの高揚感がすごく好きなんですよね!
このあとに続くメロディーが静かで優しい感じなのもギャップがあってホントに素敵w

どんな時に聞いてほしいか?

個人的におすすめするのはやはり「夏に1度は聞いてほしい」って感じですかね。
明るいメロディーに爽快でどこか夏をイメージできる歌詞。
何よりも聞いていて楽しいので夏にピッタリの楽曲かなと。
海に行く前も良し。
ドライブ中にかけるも良し。
出かける前になんとなくテンション上げるときにでも良し。
別に「夏限定わけではないのですが「個人的にユニゾンの楽曲の中で選ぶ夏うた」というテーマで考えたとき。
間違いなくこの楽曲はノミネートします!

というわけでいかがでしたでしょうか?
発売されている楽曲の中では最新曲であるこの楽曲ですが。
すでにこの夏待望の新曲が発売がすでに決定しています!
その名も「10% roll, 10% romance」となっております。
こちらはアニメのタイアップ楽曲でございます。
ユニゾンのアニメタイアップというだけで個人的に期待しかしていませんが…。
こちらもかなり楽しい楽曲と感じましたので是非聞いてみたい方は購入を検討してみてください!
それでは!

キャッチ引用:http://pin.it/0MgGa6z

合わせて読みたいオススメ記事

-曲紹介, 音楽
-, , , , ,

Copyright© Artinize , 2019 AllRights Reserved.