曲紹介 音楽

[UVERworld]常に全力のアツいメッセージが詰まったアニソン特集!

更新日:

さて、本日ですが…。
だいぶご無沙汰になっていますこちらのアーティストさんの楽曲をご紹介していこうかと。
そのバンドが大人気ロックバンド[UVERworld]が歌う「熱くてカッコいいアニソン」の中でも!
個人的によく聞くオススメの楽曲を7曲をご紹介して参ります!

おすすめの7曲

D-tecnolife

まずはこの楽曲からご紹介していこうと思います。
この楽曲はアニメ「BLEACH(ブリーチ)」のOPに起用された楽曲になります。
当時私はリアルタイムで見ていたのですが、この楽曲が流れた瞬間勝手にテンション上がってました(笑)
いきなりサビから始まるのですが、始まりの歌詞がが衝撃と言いますか。
一気に引き込まれてしましました。
というのもいきなり深いところまで入ってくる言葉がズラッと並べられているわけです。
全体的にも少し重いというか暗い印象を受ける様な言葉が多いのですが、そこに救いの言葉が詰め込まれている。
特に好きな歌詞がサビの部分の一節になりまして…。
過去」と「未来」という言葉の対になるという言葉がサビの部分に使われています。
その中で「今ではなくあくまで未来」となっていて「過去を受け入れつつ未来へ」という思いが詰まっているのかなと…。
メロディーも激しさの中にも優しさ・柔らかさみたいなものがありつつ、躍動感もある。
そんな対となるものが上手く交じり合っているような素敵な楽曲です!

激動

この楽曲はマンガ「D.Gray-man」のアニメのOPに起用された楽曲です。
独特のテンポというか優しい感じで進むのかと思えば、ガッツリ激しい部分があったり。
何よりサビの淡々と進みつつも爽やさすら感じるメロディーが大好きです。
そう、サビの部分の歌詞とメロディーがもう素晴らしいんでございます(笑)
1番の歌詞も素晴らしいんですけど個人的には2番の方が感動したと言いますか…。
「思い出はたくさんある」けれど「全部」を背負っていくわけではないというような。
もうカッコよすぎません?(笑)
大切な思い出置いて行くってどこか寂しいフレーズに聞こえてしまったんですね。
でも、その後の言葉で自分なりに解釈したのが「退路を断つ覚悟を持って進む」って思ったんですよね。
楽曲=色んな思いがこもった作品」だと私は考えているのですが、UVERworldの魅力は「歌詞に込められたさりげないメッセージ」
だと思っていて重くもなく軽くもなく。
躍動感あふれる楽曲だからこそどこかスゥっと入ってくる。
そんな楽曲だと思います。

儚くも永久のカナシ

前回の記事でも少しご紹介したこの楽曲は「機動戦士ガンダムOO(セカンドシーズン)」のOPテーマに起用された楽曲になります。
[UVERworld]の楽曲の中でも屈指の人気を誇るこの楽曲はカラオケのアニソンランキングでも度々目にするほどであります。
しかし、それだけ人気の高い楽曲ではあるのと裏腹にあまりライブでは披露されていないというこちらの楽曲。
愛も感じ方を間違えれば憎しみに変わっていく。
そんな少し深くて、どこか重い雰囲気が随所に見え隠れしている歌詞
思いすぎても何かの拍子に憎しみに…。
何かをキッカケに壊れてしまう。
そんな表裏一体である「思いの大きさ」について考えさせられるのがこの楽曲のメッセージの様に思えます!
しかし、躍動感満載のメロディーが激しくテンポよく進んで行くので、そこまで重すぎないのもこの楽曲が人気を誇る理由の1つなのではないのかなと…。
個人的にも何度も聞いてきた楽曲でありますし、何よりカラオケで歌うとすごく楽しい!
また、この楽曲は2010年にアニメの中で主人公「刹那・F・セイエイ」の声優を務めた[宮野真守]さんがカバーしている点にも注目です!

REVERSI

 


この楽曲は「青の祓魔師(あおのえくそしすと) -劇場版-」の主題歌でございます。
とにかく躍動感が溢れるメロディーが素晴らしいこの楽曲。
タイトルにあるように「リバーシ」いわゆるオセロを連想させるような言葉が歌詞に入っているのもポイントです。
特に私が気に入っている歌詞が2番のサビ。
他人」との比較において価値前を比べるよりも「自分」を越えていくことの方が難しい。
この歌詞を初めて聞いた時少し震えたといいますか…。
衝撃を受けたと言いますか、「カッコいい」の一言しか出てこなかったわけです。
他人と比べられることが多いこの社会の中において、「自分は自分で他人は他人」と割り切るかのような。
あくまで自分が持っているもので切り開いていくんだという決意の様な…。
だからこそ「昨日までの自分を越えていくこと」その方がよっぽど難しいんだと。
自分の中に新しい価値観を与えてくれた楽曲です。
そして何よりPVがめちゃくちゃカッコいいので是非ご覧ください!

一滴の影響

この楽曲はアニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」のOPに起用された楽曲であり、記念すべき30枚目のシングルになります。
もう何といったらいいのでしょうか…。
初めて聞いた時は[UVERworld]らしいカッコよくて、熱い楽曲だなと思っていたのですが…。
聞けば聞くほど芽生えてきた感情が「すげー切ない」というものでした。
メロディーがそう感じさせているのはあるとは思うのですが、何よりも歌詞が深すぎる。
1つ1つの言葉がストレートに語りかけつつも…。
真っすぐな熱さの中に切なさがあるようにも思います。
そして何よりも深く、切なく、カッコいいなど色んな感情が産まれるのがサビの部分。
ここのフレーズがもうね…切なさがあるんだけどカッコよすぎる!
特に「僕以外を許していきなよ」と終わるこのサビの部分。
サビの終わりのフレーズをきくと「色々と満足行かないこともあるけど、とりあえず自分を信じようよ
と背中を押してくれる楽曲にも感じます、感じ方次第でたくさんの魅力が確認できる楽曲です!

Colors of the Heart

この楽曲はアニメ「BLOOD+」のOPに起用された楽曲になります。
ロックバンドらしい激しさとバラードの様な柔らかさを持った楽曲でして…。
メロディーはあくまでアップテンポでありつつ動きのあるロックバンドらしい。
そして、歌詞は「」をテーマにUVERらしさを感じつつもすごく優しいイメージ。
そして何よりも素敵なのが何といってもサビの部分なんですよ。
今は不透明な願いでも思い続ければきっと色づく時が来るから。
その願いに色がついたのは偶然ではなく必然なんだよ?
叶えるために時間や努力が色づくまでの軌跡なんだから
そんなメッセージを私はこの楽曲から受け取りました。
そして2番のサビもすごく独特で深いのですが…。
こちらは是非ともご自分でこの楽曲を聞いて感じてほしいなと思います。
タイトルどおり美しくも彼ららしい楽曲だと思います!

CORE PRIDE

この楽曲はアニメ「青の祓魔師」のOPに起用された楽曲になります。
ファンなら1度は聞いたことがあるのでは?と思うくらいの人気がある楽曲
イントロから高揚感を煽ってくるハイテンポなメロディー。
そのメロディーに合わさり淡々と歌われるラップからこの楽曲は始まります!
全体的に歌詞を見てみると…ただただアツい言葉で構成されています。
タイトルにある「プライド」についてストレートに歌われおり。
自分が守りたいもの、どんなに周りが笑おうが貶していようが貫きたいもの。
そんな泥臭くも感じるのにその突き抜けるような感じがめちゃくちゃカッコいい
叶えたいなら、貫きたいなら決して負けるんじゃない。
自分を信じて真っすぐに…自分らしく突き進んで行けばいいんだよ。
どんなに不恰好でもいいんだから必ず掴んで見せ見ろ!というような熱すぎるメッセージ。
UVERworldらしさが全面に出ている楽曲であり人気の高さも納得の1曲です!

※MVでは1曲目に歌われている楽曲です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
こうやって楽曲を選んでいると意外とアニソン多いなと思いました(笑)
ということで第2弾も書くつもりでいます。
書きたいアーティストさんがたくさんあるのでいつになるかはお約束できませんが必ず!
今回、書いてて気づいたのは「メッセージ性が素直に伝わってくる楽曲が多い」と感じました。
私自身が今回選んだ楽曲がたまたまそうだったのか。
楽曲全体が歌詞の言葉ほど重く感じない。
それが私が[UVERworld]に感じる魅力の1つなのかもしれません。
それでは!

その他オススメの関連記事

キャッチ引用:http://pin.it/zlktkND

-曲紹介, 音楽
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Artinize , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。