その他

[クイズ王 古川洋平] クイズ番組でおなじみ。クイズ王のイベントに参加してみた!!

投稿日:

どーも皆さん!
戦国武士でございます。
本日は、芸能人と言われると少し違うような気もしますが…。
クイズ番組に多数出演されているクイズ王こと[古川洋平]さんのイベントに参加してきましたので。
そちらのレポートとクイズ王の簡単なご紹介をさせていただきます!
古川さんは本当に優しくて面白い方です。
実際お会いしてみてもすごく気さくな方ですごく話しやすい方でした!
それでは参ります。

クイズ王!古川洋平さんとは…。

引用:ご本人より頂きました。

古川洋平
職業:クイズ作家
生年月日:1983年9月13日
宮城県出身
クイズ法人 カプリティオ代表
上記の通りクイズをお仕事にされている方なんです。
古川さんの公式HP:http://yohei-furukawa.com/
Twitterアカウント:@Piu_P

筆者が知ったきっかけ


※こちらは「乃木坂46時間テレビ」に出演された時の映像です。

筆者が古川さんを知ったきっかけは乃木坂46の番組である「乃木坂ってどこ?」に古川さんが出演されていたことです。
まず、衝撃を受けたのがその膨大な知識量です。
多岐にわたるジャンルがこの番組では出題されていたのにも関わらずスラスラと答えていきます。
そして、問題の途中で問題を先読みして予想することでものすごい速さで問題に回答していました!
いや、ホントにビックリです…。
乃木坂ってどこ?以外にも。
・水曜日のダウンタウン
・クイズプレゼンバラエティーQさま
・タイムショック21[優勝]
など。
多数の番組に出演されています。

実際イベントに参加してみて

引用:ご本人より頂きました。

レクチャー編

今回、私が参加したのはクイズ初心者の人が古川さんからクイズについてレクチャーしてもらい。
そのあとに実際にクイズに挑戦してみようというヒミツキチラボで開催されている「はじめてのクイズ」というイベントでした!
最初は基本的なクイズの種類から基本的なルール説明などがありました。
勉強になったのがクイズのルールの部分なのですが…そんなルールがあったのかと。
そしてこのレクチャーがすごく簡単なのに奥が深いというか、クイズ王がわかりやすくポイントを解説してくれます。
どこを抑えればクイズを楽しめるのか、どんなことを考えながら実践すると素早い解答が出来るのか…。
たくさんのクイズ番組やイベントで活躍してきたからこそ教えられるようなものがたくさん詰まっていました。
具体的には…。
・問題の先読みの仕方のポイント
・ですが問題の聞き分け方。(~ですが、~はなんでしょう!という形の問題)
など問題に早く答えるためのテクニックなどの解説がありました!

実践編

クイズ王からレクチャーを受けたらいよいよ実際にクイズをやってみよう。
今回はテレビ番組でお馴染みの早押しクイズをやりました!
いつもテレビ番組では見ていますが自分がやる立場になるとは…。
今回はチーム戦だったので初めましての方々と一緒にやったわけですが、そちらの感想は後程…。
全体の流れとしては1回戦と2回戦を行い上位2チームが決勝へ進出というもの。
1回戦は色々なジャンルがごちゃ混ぜになった問題を2ポイント先取した3人が勝ち抜けという流れでした。
そして2回間違えると失格というもの。
このルールがあることでいろいろなプレッシャーも増えてくるのでより楽しめるルールでした!
筆者の知識量はクイズ番組を見る程度でありガッツリのクイズ初心者なのですが、皆さんボタン押すのがすごく早い(笑)
いや、もちろんわかる問題も当然あるわけですが、そこで押すの?みたいなことが多々あり唖然として見てました。
「そもそもなんでそれ知ってるの?」
「なんでそこだけで答え出てくるの?」
というビックリするものがあったり
「あ、これなら答えられる」
「お、やっぱこれか!」
みたいな見てるだけでもすでに楽しい
そして、いざ自分の番なのですが…。
1問も答えられませんでしたよ…ホントにこれで初心者なの?というくらいの知識を持ってる方。
問題を先読みして解答してしまう方。
終わってみて思ったことは1つ「マジか…(笑)」って感じです!
そんなこんなで特に何もできないまま申し訳ない気持ちを抱えチームに戻る結果に…。
しかし、ここでチームのメンバーの方々が温かく迎えてくださるわけです。
やり方やポイントを説明してくれたり、温かい言葉をくれたりと。
この時点で私のチームを含めて複数チームが1位の大混戦。
これは「何とか傷跡残してやろう」と、前向きに次の2回戦に入って行けたわけです。

そして始まった2回戦。
この2回戦では7つのジャンルの中から自分が好きなジャンルを選んで挑戦するというもの。
こちらも問題を2ポイント先取した3人が勝ち抜け、そして2回間違えると失格という流れでした。
その中に「朗読イントロ」というジャンルがありまして、問題として歌の歌詞を読み上げていき楽曲名を答えるというもの。
いろんなジャンルがある中で、これならワンチャンあるかもと考えこのジャンルを選択。
さすがは自分で選んだジャンルを選んだだけあり、皆さんハイレベルな争いをしてるわけございます。
1番ビックリしたのがトランプの遊び「神経衰弱」の問題でした。
私の覚えてる範囲ですが「色々な言語で神経衰弱の意味を持つ言葉を紹介していき最後にトランプの遊びは何でしょう?」みたいな問題。
それを言語の段階で答えた方がいてビックリ通り越してました(笑)
仮に最後まで読まれていても私は一切わかりませんでした…。
そして「朗読イントロ」はまさかの7ジャンルあるうちの7番目
実はこの時点でチームは6ジャンル中3ジャンルで勝ち抜けており4ジャンル取れれば決勝が手に届く状況に。
そんな中の1問目に出たのがこのサイトでも私が好きなバンドの1つとして紹介している[back number]の「ヒロイン」でした。
こちらを何とか解答することができて順調なスタートを切れましたが…そのあとの2問目、[宇多田ヒカル]の楽曲の問題を間違えてしまい、次で抜けるか失格という状況に。
そのままわかる楽曲はあったものの時間が掛かり他の方が3人抜けて終了。
悔しかったのは乃木坂の曲でヤマを張っていたのですが、[欅坂46]の「サイレントマジョリティー」を答えられなかった事ですね…。
個人としてはダメでしたが、チームの皆さんの活躍によりチームが1位通過で決勝戦に進出

迎えた決勝戦はチームを3人ずつ前半と後半に分けて前半が3問正解した時点で後半チームに交代という流れでした。
私は後半チームだったのですが前半を1問差で追いかける状態からチームの方が怒涛の追い上げをしてくださり、まさかの優勝という結果に!!
正直、個人ではほとんど何もしていない私でしたが…やはり優勝とはいいものですね(笑)
ホントにチームメイトの方々のおかげで初めてのイベントですごい思い出が出来ました!

感想

普段からクイズ番組などを見る私にとってはすごくいい体験ができたイベントになりました。
自分自身今回が初めてではありましたがもう少し何かできたのでは?
もう少し早く反応できたら…。
というような感じでガッツリ楽しませていただきました。
イベント内容はもちろんのこと、古川さんのMCもすごく面白くて全体を通して退屈する時間がありませんでした!
何より会場の温かい雰囲気は初体験の私にとってもすごく嬉しかったです。
2月、3月にもイベントがあるとのことでしたので予定さえ合えば行く気満々です(笑)
イベントの詳細についてはご本人のTwitterなどで情報公開しているので気になる方はぜひチェックしてみてください!!

古川さんにあって感じたこと。

以前からTwitterでも頻繁にコメントをしてくれたり。
今回の記事の件もお話して快く快諾して頂き、写真の提供までして頂きました!
私個人としても自分の得意なことで実際に色んな活動をしているのですごく尊敬している人です。
このサイトがもっと大きくなったらもっと色んなことを聞いてみたい…。
それこそなぜクイズにたどり着いたのか?みたいな経緯だったり。
私も乃木坂46のファンなのでそういうお話もしてみたい。
たくさんの魅力が詰まった方だと感じました!
少しでもクイズに興味ある方、古川さんに会ってみたい方はイベントに参加するのをおススメします!
もちろん私もまた参加しますので、こんな感じの内容をまた書きたいな…。

アイキャッチ引用:ご本人より頂きました

-その他
-, , , , ,

Copyright© Artinize , 2019 AllRights Reserved.