音楽

[ASIAN KUNG-FU GENERATION]結成20周年を迎えたロックバンド。オススメ曲も合わせて紹介!

更新日:

さあ、本日お届けご紹介致しますのは私たちの世代では少し馴染みがあるバンド知ってる人は知っている。
知らない人は覚えてください(笑)
今回のバンドは[ASIAN KUNG-FU GENERATION]
通称アジカン。
人気アニメの主題歌なども歌っているので、ご存知の方も多いと思うアジカンが今回ご紹介するバンドになります。

アジカンとは

引用:http://pin.it/rMXggik

後藤正文[ごとう まさふみ]
ボーカル・ギター
生年月日:1976年12月2日
出身地:静岡県

喜多建介[きた けんすけ]
ギター・ボーカル
生年月日:1977年1月24日
出身地:神奈川県

山田貴洋[やまだ たかひろ]
ベース・ボーカル
生年月日:1977年8月19日
出身地:静岡県

伊地知潔[いぢち きよし]
ドラム
生年月日:1977年9月25日
出身地:神奈川県

以上の4人で構成されているロックバンドです!

1996年に結成され。
バンド名の由来はとしては、後藤さんが兼ねてより好きだったバンドの名前が3つの英単語にて構成されていて、[ASIAN KUNG-FU GENERATION]となった様です。
またこのバンド名には「海外の人が読んで驚く様な名前」というのも込められている様です。

代表曲

遥か彼方

私がアジカンを知るキッカケとなった曲であり、わたしと同世代でアジカンを知った方はこの曲がキッカケの人が多いのではないかと思います。
国民的漫画「NARUTO」のOPテーマに起用されたがこの楽曲です。
この楽曲はやっぱりサビの歌詞がすごくカッコいい。
こんな私がすこし憧れる生き様のような言葉がすごく真っ直ぐに突き抜けていきますので、まあ大好きです(笑)

リライト

この楽曲もアジカンを知ってもらうためには欠かせない楽曲ですね。
こちらも国民的漫画「鋼の錬金術師」のOPテーマに起用されました。
全体的に躍動感が溢れる楽曲ではありますが、やはりこの楽曲の最大のポイントは何と言ってもサビです!
激しくもまっすぐな声とそれに呼応するかの様なメロディーがなんとも言えません。
遥か彼方と並んでアジカンの楽曲の中でも知名度が高い曲なので、この楽曲なら知ってるぞ!
って方も居るかも知れませんね。

ソラニン

今までの2曲と比べるとかなり静かに聞こえるかも知れませんね。
この楽曲は[宮崎あおい]さん主演の映画「ソラニン」の主題歌として起用された楽曲で、アニメを見ない様な人にはこちらの方が知ってる方も多いのかな…。
歌詞もメロディーも優しくて聞いていて心地よい。
かなり爽やかな印象を受ける楽曲です!
激しい感じではないので私の周りでは女性もカラオケなんかで歌っている人がいます。
すこし甘酸っぱい楽曲ですね。

オススメ曲

ループ&ループ

私の周りでアジカンが好きな人は結構この曲押す人が多いかなと感じます。
タイトル通りなかなかの曲者というか…。
すごく頭に残るイメージが私にはありますね。
でも、それが別に嫌とかではなくて。
不意に歌いたくなるとか、不意に聴きたくなるとか!
そんな楽曲だと私は考えているわけですね。
上の3曲以外でアジカン聞きたいって誰かに言われる事があったらこの楽曲を勧めます!

羅針盤

私の中で1番のお気に入りの楽曲がこちらです。
歌詞もメロディーも1番私好みで素晴らしい(笑)
踏み出すその一歩が 君の下すジャッジさ
これ1番の歌詞なんですけどここが1番気に入っているフレーズでありまして、自分で選択肢を決めて進んで行くんだよ!と。
そんなメッセージをここから感じまして、曲のタイトル通り自分が示した道をちゃんと進んで行きたい。
そういう気持ちにさせてくれるのがこの楽曲です。
アジカン聞いたことないなぁって人に1回は聞いて欲しいですな。
なんて言ってたってイチオシ曲ですから(笑)

アンダースタンド

すごく聞いていて楽しいと感じる楽曲です。
軽快と言うか弾んでるテンポとメロディーがこの楽曲のポイントだと私は考えておりまして、タイトルにもあるように「アンダースタンド」という単語がちょくちょく出てきます!
すごくキャッチーというか不思議なイメージが強いのですが、前述のよう通りメロディーがすごく弾んでるので明るく楽しい感じなのです。
歌詞においては応援してくれているように感じる部分も多いので聞いているとドンドン魅力的に感じる楽曲だと思います!!
さて、新しいアーティストとして[ASIAN KUNG-FU GENERATION]ことアジカンをご紹介して来ました。
私の中では初期の頃の曲がほとんどを占めてしまっているので、最近の楽曲も色々と手を出して行こうかなと思います!
まだまだオススメしたい曲も多いので、そんな中で一緒に紹介出来たらやってきます(笑)
それでは〜!

キャッチ引用:http://pin.it/wGUaf1L

-音楽
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Artinize , 2019 AllRights Reserved.